独り言の 部屋

カテゴリ:life( 3 )

初心に帰ろう

懐かしい人からブログのPWのお知らせメールが届いた。

かれこれ何年ぶりになるだろうか?久々に覗いてみた彼女のブログに時の流れの速さと、色々なことを経験してきただろう素敵な思い出が沢山記されていた。

なにより驚いたのが、何年も、十何年も継続してブログを書いていたこと。書き続けていたこと。

全然、変わらない、彼女の話し言葉のブログに、懐かしさと、あの頃の楽しい思い出がよみがえってきた。

自分の日記も読み返したみた。

毎日、子供たちの成長や、日々、思ったこと、笑って過ごしていたこと・・
ちょっと涙でてきた(あ、お酒飲んでるんで、年をとって涙腺がゆるくなっていただけかもですが)

色んな出来事が記録として残っていて、昨日のことのように思い出してきた。


続くかどうか判らないけど、また日記を再開したくなった。


[PR]
by xxjunexxx | 2017-04-08 00:59 | life

正しい選択

一般的に“前向きな思考は幸せをもたらす”と言う。


子供の頃は こう言われた“明るくニコニコしろ”

そして大人になってからは“逆境でも前向きになれ”と


でも時に現実は“幸せなフリ”を邪魔をする。

すると現実に目を向けたくなる。


演技は おしまい

不安で不幸な本当の自分に戻る。



“人生に望むことは?”と聞かれたら―

迷わず“幸せ”と答える。


だが幸せを切望することで 逆に幸せは―

遠のいてしまうもの。


この上ない幸せを求めれば 人は混乱するばかり

自分を見失ってしまう。


でも そのうち気づく

幸せの在りかに

夢見ていたものとは違うけど


それは穏やかな―

日常になある。
[PR]
by xxjunexxx | 2011-11-20 20:08 | life

無題

子供の時に 両親が忙しすぎて、親子としてのコミケイトが全くとれないまま
大人になった私はコドモの時に感じた淋しい心を子友達には与えたくなくて
必要以上に、ベタベタして過ごしている。親子関係としては、自己満足だけど、これで良いと信じている。

両親の夫婦であるべき形態ってこんなもの?と感じた私は 早く家族が欲しくて、まぁ、いわゆる家族団欒っていうものだ。一緒にTVをみて、一緒にご飯を食べて、一緒に笑うということだ。

結婚に王手を掛けた20歳の私は周りの反対を押し切って、自分の信じたい人に尽くそうと誓ったが、それは想像していた家族の形を大きく反れて、本当に欲しかった、普通の生活が全くなかった。
それでも、周りの人の優しさで楽しく過ごせていた。

でも、本当に欲しかった家族の形が忘れられなくて、心がプツンと途切れた時に
必要だった人(必要だと思いこんでいた人)が、そうではなくなり、受け入れられなくなり
二人で傷つけていった。

普通は、離婚したら、結婚?もういいんでない?と思う人が多いみたいだけど、
結婚生活を普通に過ごしていない私は、どうしても結婚(結婚生活)がしたいと思う。

ただ、当たり前に傍に居て、ふと真夜中に起きた時に、少し触れて満足したいだけなんだよね。

人間も動物だから、触れ合えて心の声を読み取る生き物だと思ってる。


言葉も必要。
HUGも必要。

それを大好きな人たちと心地よい会話やふれあいで 過ごして生きていきたいと心から
そう思う。
[PR]
by xxjunexxx | 2011-09-10 12:29 | life



もくもくと、ボヤいてます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31