独り言の 部屋

第二段階(急制動)

二段階に入ったら、少し危険度UPです。

安全主義(単純に怖がり)な私は、教習所コースで、40キロ以上を出したことがない。

まぁ、狭いし、車の教習車も、のんびり走っているので、そう出せるタイミングもないのだけども、できれば、出したくない。

普通は、直線があると喜んで出す人が多い中、わりかしのんびり走ってるね。。と、嫌味なのかなんだかは、さておき、先生からも、ちょこちょこ言われる。


だって、カーブの時に曲がるの怖いじゃんね・・(素)

が、、、

一般道路に出たら、そうも行かないらしいので、最近は、それでも、出すように心がけているのだけど、それでも、時間にして、3秒くらい、40キロでたかな?程度・・


そんな中、ついに、恐怖の急停止の科目にチャレンジです。


怖い・・・

まじ、怖い。


急ブレーキはタイヤがロックするって噂で聞いてるから、、
どうも、ブレーキを踏めない。

踏みたくないから、スピードも出したくないって方程式が頭の中にインプットされているから、
まず、速度を40キロ以上だすのが、大きな課題になりました・・。


しかも、その日は、雨でした・・。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!

長ぐつは、やりずらいわ。
靴でかすぎっていうのーーーー。
カッパも、プロテクターも、でかすぎっ!

しかも・・・・カバー?ヘルメットの前にくるやつも、吐息で曇るし・・・
こえーー。

走行中に勝手につま先がふれて、ニュートラルに何回なったか、判らないよ・・。

まじ、怖いつーーーーの。


そんな中ね、もうね、脳内シュミレーションは、後輪がロックで、横滑りとか・・
前輪ロックで、一回転とか・・・

そんなことばっか考えちゃって・・もうね、これだから、小心者は・・。


先生にもロックの状態の見本もやってもらって、その場合は、どう回避するの??とか、
必要以上に聞いちゃって、反対にうざがられた・・・(涙)


結果として、スピードも出せなくて、再度、2時間オーバー とほほ。

次回は、スピードを出せれるように 頑張ります。


本日の教訓。

バイクは、弱気で乗ってはダメ。

2007.12.25 Tue l 教習所 l COM(0) TB(0) l top ▲オーバー2時間(はたして、2段階に進めるか・・?) 必須科目ニーグリップ
結局、規定内で、収まらなくなり、2時間オーバー確定しました。

原因はなんだろう?反省を思わないと先に進めない私。

その①怖いから。
その②力任せ
その③安定を失うと軌道修正せずに、諦める。というか、落ちる。

なぜ、怖い・・?となると、根が臆病だから、こればかりは、慣れしかないよーな気がする。
スピードもそうだし、角度も、ギアチェンジも、結局、慣れなんやないかな?と、、、

が、
①発車になれる前に、バランスをくずして、ずごずごなて、結局怖い。
②腕の力で、強引に操作をするから、車体がバランスを崩して倒れて、痛くて、怖い。
③あっちいったり、こっちいったり、バイクのすることのされるがままになり、結局、脱輪。
んで、停止を間違えて倒れる。


ようするに、、、


安定しないで、バランスを崩したり、低速での発車&カーブ、スラロームの不出来は、、ニーグリップが出来てないって事にきづいた。(あくまでの気付いた段階)


頭で、理想を描いても、結局、目の前の障害物。やらなきゃいけないギアチェンジ等、もうね、、いっぱいオッパイで(失敬)足がね、ほんとね、だらしなくなってます(涙)


ためしに、ならし走行なるもので、ニーグリップをするのと そうじゃないのを試してみました。

しっかり締めた膝&くるぶしでの違いは、


全然怖くない!


そうなんです。

バイクと一身同体になれないのは、1番、気をつけないといけない本体から、自分が離れてしまい、アクセルを開いても置いていかれるし、ハンドルを切っても身体が残るし、バランス走行しても、身体がブレるんです。


なるほど・・

それに、きづいたら、一本橋を渡られるようになりましたっ。(←レベルひくっ)

今日は、坂道発進と、踏み切りをやりました。

お約束どおり、、、

エンストの帝王です(涙)


だって、、ピッタリ後ろにつかれるんだもんー。


どうもね、背後に立たれるのって嫌い(ゴルゴかよ)


んでも、自分の中での目標がしっかりできたので、良かったです。
[PR]
by xxjunexxx | 2007-12-31 10:10
<< 基本はグローブ 規定(8時間、9時間目)人は、... >>



もくもくと、ボヤいてます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30